世界的なクリエイティブ都市・コペンハーゲンを引っ張る「プラットフォーム・リーダーシップ」とは?

ゲスト:デンマーク・デザイン・センターCEO クリスチャン・ベイソン氏【前編】

 本連載は、早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授・入山章栄氏(『世界の経営学者はいま何を考えているのか』著者)と佐宗邦威氏(『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』著者)の2名をホストに迎えて、断片的に語られることで本質が見えにくくなっている「イノベーション・クリエイティビティ・デザイン思考」に横断的な視点を入れ、各界のトップランナーを迎え議論を深めていく。
 今回の二人は、にデンマークへ向かった。デンマークはGlobal Creativity Index調査で5位(2015年)にランクインするなど、高い創造性で世界の注目を集める。首都コペンハーゲンはモビリティ変革を行い、環境対策などにも力を入れており、ロンリープラネット誌の「2019年に訪れたい場所」第1位にも選ばれている。まさに、創造性やデザインの超先進国なのだ。
 そしてそのデンマークのデザインをリードしてきたと言われるのが、デンマーク・デザイン・センター(DDC)。今回はそのCEO、クリスチャン・ベイソン氏と、入山氏・佐宗氏が鼎談を行った。世界のデザイン大国で創造性はどう生み出されているのか。鼎談の模様を2回に分けて紹介する。

[公開日]

[語り手] クリスチャン・ベイソン 入山 章栄 佐宗 邦威 [取材・構成] フェリックス清香 [写] Yuta Sawamura [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] デザイン思考 サービスデザイン 事業開発 社会システムデザイン プラットフォーム・リーダーシップ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリエイティブな都市コペンハーゲンが実践する「リーダーシップ」とは

株式会社BIOTOPE CEO / Chief Strategic Designer 佐宗邦威氏(以下、敬称略):デンマークでは、伝統的に住民参加型で公共サービスの仕組みをデザインする取り組みが行われてきましたね。ベイソンさんは、公共政策のデザインファーム「Mindlab」の代表としてその動きを現場でリードされてきて、今は活動を国レベルのデンマーク・デザイン・センター(以下、DDC)に移してらっしゃいます。この「地域をデザインすること」のエッセンスについてお聞きできたらと思っています。

デンマーク・デザイン・センター(DDC)CEO クリスチャン・ベイソン氏(以下、敬称略):私たちがDDCで過去取り組んできたのは、たくさんのコラボレーションを生み出すこと、そして私たちの持つデザインのリソースをはっきりさせることです。

 具体的にやってきたことは大きく4つです。1つ目は、デンマークの「デザインのDNAの解明」です。ここでのデザインとはもちろん色形だけを指すものではありません。抽象的なものを具体的なものに落とし込んだり、「問題を解決するための思考法」を生み出したりするという意味での、広い意味のデザインです。このようなデンマークのデザインの特徴を2年ほどかけて解明しました。これは、後ほど詳しく説明しますね。

 2つ目は、様々な人々との知識の共有と共通理解を促進するために「デザインフォーラム」を立ち上げ、運営しています。デザインスクール、大学、プロモーション機関、様々な産業の業界団体などからきた人々が、1つのテーマのもとに同じ空間に集い、1年ほどかけて定期的に実施するフォーラムです。いつも同じ共同作業をするということではなく、ときにはグループに分かれアウトプットを競うようなワークショップを行いますが、何より同じ空間にいることを重視しています。

早稲田大学大学院(ビジネススクール) 教授 入山章栄氏(以下、敬称略):同じ空間にいるけど、時に競わせる、というのは面白いですね。

ベイソン:そうでしょう! 3つ目は、デザイナーとデザイン機関のネットワーク関係を分析すること(Nordic Innovationのホームページに詳細)です。これは北欧5カ国のデザイン機関のコラボレーションにより行ないました。

 この調査では、デンマークにいるデザイナーの人数、専門分野、学位、正規のデザイン教育を受けたか否かなどを調べました。結果わかったのは、デンマークのデザイナーの多くは芸大・美大には通ったことはなく、人文科学、人類学などの出身だということです。

入山:えっ、そうなのですか!?それは驚きです。

ベイソン:芸大・美大は、サービスデザイン、デザイン企画の立案、ビジネスモデルのデザインを教育内容に盛り込むことに後れを取っていますからね。そして、調査対象の多くが、十分な経験を積んだサービスデザイナーだということもわかりました。

 そして4つ目が、デザイン賞の創設です。「グローバルサスティナビリティデザイン」と言われる活動に対する賞で、「Index Award」」というものがあります。これは成果や影響度の大きさに対して与える賞で、健康促進、よい都市づくり、地球環境改善など、様々な目的を達成するために、どんなアプローチを利用してもよいという賞なんです。

 こういった取り組みを通して、イノベーションを生み出す生態系を作っています。私たちの唯一の役割は、共同・協調を促進するようなリーダーシップを発揮し、参加者を成長させ、参加者同士の繋がりが良好なコミュニティを作ることです。

バックナンバー