TDSE、人事領域ソリューション『HIT』を8月より提供開始

 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(以下、TDSE)は、独自AIエンジン『scorobo for HR-Tech』を活用した人事領域向けソリューション『HIT(Human-Innovation Technology powered by scorobo)』を8月より提供開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 人事

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TDSEが今回提供する『HIT』は、機械学習技術を活用し、人事情報を高度かつ迅速に解析できる独自のAIモジュール「scorobo for HR-Tech」を採用したソリューション。TDSEは、『HIT』を導入・活用する際に、業務の課題に合わせて、必要となるデータ取得・整備、最適なAIエンジンへの改良・人事システムとの連携を経て、人事業務の最適化を実現するという。

 TDSEは、『HIT』で使用するAIモジュール「Scorobo for HR-Tech」を用い、新卒採用に応募してきた学生のエントリーシートをAIによって審査するなど、人事課題を抱えた企業に対して成果を挙げている。また、離職率が高い業界・企業では、人事データを継続的に取得し、AIを用いることで要因分析が可能となり、離職抑制にむけたアクションプランにつながるという。

 TDSEは、人事領域向け『HIT』ソリューションによって、人事部門のオペレーション業務を軽減するだけでなく、人事業務の高度化につなげることを目指すとしている。