事業承継・M&AプラットフォームTRANBI、京都北都信用金庫と事業承継問題の解決に向け業務提携

 国内最大の事業承継・M&Aプラットフォーム「TRANBI(トランビ)」を運営するトランビは、京都北都信用金庫と事業承継問題を抱える中小企業経営者への事業承継支援サービスの提供について業務提携を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 M&A 事業承継

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の提携は、京都府の金融機関としては初の提携となり、「TRANBI」の全国ネットワーク活用といった事業承継支援サービス拡大の先進的な取り組みになるとしている。

 業務提携の背景として、京都北都信用金庫の中心的な営業エリアである京都府において、帝国データバンクの行った2018年「京都府の休廃業・解散動向調査(2018年度)」によれば、京都府内に本社を置く企業で2018年度の「休廃業・解散」は458件と、前年度(447件)を上回ったことを挙げる。

 業種別では、「建設業」が169件(構成比36.9%)で全体の4割弱を占め、以下、「サービス業」の81件(同17.7%)、「卸売業」の77件(同16.8%)と続く。また、代表者年代別の構成比をみると、「70代」が34.6%とトップで、次いで「60代」の27.3%、「50代」の13.6%となり、「70代」以上が全体の48.5%を占めることから、高齢代表者の休廃業・解散の比率が増加していると、休廃業の要因を述べた。

 具体的な業務提携内容としては、京都北都信用金庫は顧客に対して、「TRANBI」の全国ネットワークを活用したオンラインM&Aによる事業承継機会を提供し、後継者問題に悩む中小企業経営者様への事業承継支援サービスの強化を予定している。