情報工場、AI・自動運転の未来を予測する中国書籍『智能革命』をクラウドファンディングにて翻訳出版

 視野を広げ変化の兆しをとらえる書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」(セレンディップ)を運営する情報工場は、中国のテック企業、バイドゥ(百度)創業者等によって著された、百度のAI・自動運転開発の未来を描く『智能革命』の翻訳出版を行うと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 事業開発 テクノロジー 自動運転

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『智能革命』は、まず中国で出版され(15万部発行)、その後、英語、韓国語などに翻訳されているが、日本語では翻訳出版されていなかった。そこで情報工場は、『智能革命』(邦訳版名(仮):『AI革命』)の翻訳出版を、クラウドファンディングによる事前予約の形式で行う。

 『AI革命』は、AIの夜明けである第一次革命から第三次革命までを振り返りつつ、中国政府が掲げる「大脳計画」、百度の「百度大脳」(百度のAI)などの取り組みを紹介している。

 百度が主導する自動運転開発プラットフォームには、トヨタやホンダの他、マイクロソフトやエヌビディアなど世界的テクノロジー企業が参画しており、百度は、今、最も注目されている自動運転およびAI企業の一つとなっている。

 『AI革命』では、その百度の戦略だけでなく、中国はAI分野で何を目指しているのか、そして今、何が起きているのかを俯瞰することができる。また、AIの技術的変遷から未来図、自動運転システム、MaaSやCASEなど近年新たに唱えられている概念の背景にある仕組みなどのテクノロジーについても解説している。

 クラウドファンディングプロジェクトで先行予約・購入すると、邦訳版を特別価格で手に入れることができる。また、出版記念懇親会に参加できるチケットも用意しているという。