MODE,Inc、併走型IoTビジネス開発サービス「MODE Labs」を9月20日より提供開始

 センサークラウドプラットフォーム提供企業である米国MODE,Inc(以下、MODE)は、IoTビジネス開発サービス「MODE Labs」を9月20日より提供開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このサービスでは、IoT関連事業の成功率を高めるため、立ち上げからスケールフェーズまで併走することで顧客のIoTビジネスを加速させることを目指す。

MODE Labsの特長

  1. ユーザーに価値の出しにくいG/Wからクラウドまで高度技術領域を一括して対応
  2. アイデアを実現するための技術・ノウハウを提供し要件定義を支援
  3. お客様・自社のマイルストーンを共有し、機能をエンハンス
  4. 本番環境への大規模スケールに対応する技術・サービス支援

 今後は、MODE Labsのパートナー企業を募集し、シリコンバレー研修等によるエンジニア育成を実施するとしている。なお、第1号パートナーとして、神戸デジタル・ラボとパートナーシップを締結している。