Garage+がJapan Deskを開設 ディープテック・スタートアップとのマッチングを促進する

 グローバルに展開する非出資型インキュベーターGarage+(ガレージ・プラス)は、日本での窓口となるJapan Deskを開設した。それにともない、世界中から選抜されたディープテック・スタートアップとのマッチングや、各スタートアップ情報、マサチューセッツ工科大学(以下、MIT)など最先端研究機関の教授を招いたクローズドイベントなどの情報を優先的に得ることができるメンバーシップクラブ「Asia Startup Express/亜州創業特急」も開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 テクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Garage+は、世界で活躍する台湾有数の大企業であるTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing)、MediaTek、デルタ電子、クアンタ・コンピュータなど20社以上の企業が所属する非営利法人Epoch Foundation(時代基金會)が運営母体となり、アジアを中心とする経済発展を目的に2008年に設立した組織。

 今回新たにスタートする「Asia Startup Express/亜州創業特急」では、Garage+がハブとなって、エコシステムのメンバーと日本企業をつなぎ、世界のスタートアップや世界最先端のテクノロジーへのアクセスを可能にし、スピーディにビジネス機会を創出、事業を新たなフェーズへ導くための足がかりをつくっていくという。

 Garage+では、この取り組みによって、日本企業とのオープンイノベーションを加速させ、アジアを中心とした世界経済のさらなる成長に向けて取り組んでいくとしている。

Garage+の特長

世界中から集まったディープテックスタートアップとのつながり

 2016年から、約69ヵ国1,450社超からの応募があるスタートアップ支援プログラム「Startup Global Program」によって、グローバルで大規模なスタートアップのネットワークを保有。その中から選抜された優秀なスタートアップには、世界有数のICT/IoTイベントであるCOMPUTEXや、Garage+のオープンハウスを通じて、事業を加速させるパートナーマッチングに繋がるサポートを行っている。

MITとの20年以上の及ぶ研究連携

 2008年のGarage+設立前から、Epoch Foundationの取り組みとして20年以上にわたりMITのCSAIL/Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory(コンピュータ科学・人工知能研究所)と戦略パートナーとして連携している。

次世代のための若手を育てるプログラムを受けた3,000人超の卒業生ネットワーク

 Epoch Foundationにより、1998年から続いている次世代の若手を育てるプログラム「Epoch School」は、これまでに3,000人を超える卒業生を輩出。卒業生から、60社を超える企業が誕生し、他にも多くの卒業生が世界的企業で活躍しているという。

「Asia Startup Express/亜州創業特急」

 メンバーシップクラブ「Asia Startup Express/亜州創業特急」は、Garage+がハブとなって、スタートアップと日本企業をマッチングし、アジア経済を活性化する新たなグローバルイノベーションを生み出すことを目的としている。

メンバー企業の特典

  • Garage+のオープンハウスや、世界有数のICT/IoTイベントであるCOMPUTEXへの参加
  • Garage+が支援する有望なスタートアップとの1on1ミーティング(日本もしくは台湾)
  • 四半期ごとにディープテックスタートアップのレポートを配信
  • 優秀な若手人材が集まる「Epoch School」の卒業生向けのウェブサイトでの採用募集
  • 台湾経済界、MIT、UC Berkleyとのネットワーク構築、最新研究情報へのアクセス