Biz/Zineニュース

クックパッド、食ビジネス専門メディア「FoodClip」の提供を開始

 クックパッドは、食のマーケティング動向やトレンドを発信する専門メディア「FoodClip(フードクリップ)」の提供を開始した。食品業界のデジタルマーケティングをリードする食トレンドや、カスタマーサクセスなどの情報発信を行う。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] マーケティング FoodTech D2C

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クックパッドは飲食料業界を中心としたデジタルマーケティングのサポートを通して、「毎日の料理を楽しみにする」の実現を目指してきた。これから業界は健康や環境配慮による食志向の変化、フードテックによる他業界の新規参入、D2Cなどの著しい購買スタイルの変化など、ダイナミックな変化が予想されている。その一方で生活者への広告・宣伝手法はマスを中心とした従来の広告手法が多く、業界全体として大きな変化が求められているのだという。

「FoodClip」の3つの特徴

1. 月間利用者が約5,400万人のクックパッドだからわかるリアルな食トレンド

 クックパッド利用者の検索・アクセスログといったビッグデータである「たべみる」*1を活用し、著しく変わるトレンドや検索・調理・購買行動を可視化。

2. 食品業界のカスタマーサクセスから、戦略のシミュレーションが可能

 「FoodClip」の中では、大手食品メーカーや大手トイレタリーメーカーなどの事例を紹介。テレビCMとデジタル広告を最適配分した結果、マス広告だけでは到達できない層へのアプローチに成功したノウハウや、生活者に調理行動を促すためのアクションプランを紹介。

3. 購読無料・毎月1回送られるニュースレターの配信

 「FoodClip」の記事を厳選してお届けするニュースレターなら、情報を“いいとこ取り”で収集することができる。

FoodClip

*1 「たべみる」:日本最大の料理レシピサービス「クックパッド」の検索・アクセスログデータを活用した、明日の食が見えるビッグデータサービス。食材・地域・季節・食用シーン(誕生日や運動会など)といった様々な切り口で分析を行うことができる。