Biz/Zineニュース

三井不動産、同社が運営する商業施設内の店舗でRFIDを活用した店舗の商品情報読み取り実証実験を実施

 三井不動産は、ビームス、大日本印刷(以下、DNP)と共同で、商業施設内における商品情報の自動データ化を目的として、2月13日から4月24日までの期間、RFID(Radio Frequency Identification)を活用した商品情報の読み取りについての実証実験を実施する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 実証実験

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の実験では、三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY、ららぽーと立川立飛に出店している「B:MING by BEAMS」店舗内に複数のRFID読み取りアンテナを配置し、商品に取り付けられたRFIDタグ情報の自動読み取りを行う。この技術を用いることで、店舗内の商品在庫情報を自動的にデータ化することができるようになる。

 三井不動産は、同社が開発・運営を手掛ける商業施設で、今後も様々なICT技術を活用し、商業施設のオムニチャネル化を推進することで、来店客により便利で快適な購買体験を提供するとしている。

本実験での検証内容

  • 店頭商品の読取精度、読取範囲の検証
  • 店舗内倉庫商品の読取精度の検証
  • 店頭で読み取った商品情報の、来館者へのメール告知による効果測定