Biz/Zineニュース

イオンリテール、“レジに並ばない”お買物スタイル「どこでもレジ レジゴー」3月より本格展開

 イオンリテールは、“レジに並ばない”お買物スタイル「どこでもレジ レジゴー(以下、レジゴー)」を3月より本格展開し、2020年度中に東京・千葉・神奈川の「イオン」「イオンスタイル」を中心に約20店舗へ拡大する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 流通 企業戦略 RetailTech

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年、“ネット”で買物する方が増えている中、「自分で商品を見たり、触ったりしながら買物したい」「献立は店舗に行ってから考えたい」など“リアル”店舗での買物を重視される声が増えており、同時に、もっと「買物は早く済ませたい」「レジでの会計は効率よく済ませたい」といった声が多いのだという。

 こうしたなかイオンリテールでは、顧客満足度の向上のため、セルフレジやセミセルフレジの導入によりレジの選択肢を広げ、利便性を高めてきた。今回、「どこでもレジ レジゴー(以下、レジゴー)」を本格展開することで“レジ待ち”時間をなくし、楽しい買物体験を提案するとしている。

レジゴー

 「レジゴー」は、来店客自身が貸出用の専用スマートフォンで商品のバーコードをスキャンし、専用レジで会計するイオンの新しいお買物スタイル。

レジゴー

 自身でスキャンすることで来店客自身のペースで買物ができるほか、スマホ画面で購入商品の確認ができるため、買い忘れ防止にもつながるとしている。スキャン終了後も専用レジの2次元バーコードを読み取り、買物データを連携、支払い方法を選択するだけで簡単に会計ができるため、“レジに並ばない”“レジ待ち時間なし”が可能となるのだという。

レジゴー

 今後はレコメンド機能を追加することで、買物中の来店客へのメニュー提案やお買得商品の案内のほか、専用アプリの開発により、さらなる買物の楽しさと利便性向上に繋げたい、と述べている。

「レジゴー」の概要

  • 名称:「どこでもレジ レジゴー」
  • 店舗数:2月末時点で本州の「イオン」「イオンスタイル」2店舗。(3月末時点で4店舗)
  • 千葉県:イオンスタイル幕張新都心フードストア / イオンスタイル幕張ベイパーク
  • 神奈川県:イオンスタイル戸塚(3月下旬導入予定)
  • 愛知県:イオン岡崎南店(3月上旬導入予定)
  • 2020年度中に、東京・千葉・神奈川を「イオン」「イオンスタイル」を中心に約20店舗へ拡大