Biz/Zineニュース

ADDress、ANA航空券定額制サービス実証実験を4月から拡充すると発表

 定額制の全国住み放題・多拠点コリビング(co-living)サービス「ADDress(アドレス)」を展開するアドレス(以下、ADDress)は、2020年2月より航空券の定額制サービスの実証実験に共同で取り組んできたANAホールディングスと、4月以降の路線を拡充した実証実験の展開を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] サブスクリプション 実証実験

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ADDressは、「ADDress」の会員向けに、3か月契約/月額3万円、2か月契約/月額3万5千円、1か月契約/月額4万円でANA国内線の指定便を片道月4回分まで利用できるサービスの実証実験を行ってきた。これまでは⽻⽥発限定の往復航空券だったが、⼤阪(伊丹)空港発着便が対象となるほか、2020年5月までにオープン予定のADDress拠点が立地するエリアの指定空港であれば発着空港は⾃由に選べるようになるという。