Biz/Zineニュース

帝国データバンク、「新型コロナウイルス関連倒産」の集計結果を発表 全国で累計170件

 帝国データバンクは、5月20日(水)16時現在判明分の「新型コロナウイルス関連倒産」について集計を行った。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] COVID-19 新型コロナウイルス関連倒産 破産 民事再生法 事業停止

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年5月20日16時現在、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産(法的整理または事業停止、負債1000万未満・個人事業者含む)は、全国に170件(法的整理105件[破産89件、民事再生法16件]、事業停止65件)確認されている。(事業停止した事業者のほとんどが自己破産申請の準備に入っている)

 負債総額は、1332億3400万円(判明した161件の合計)で、10億円未満が139件(構成比86.3%)を占めた一方、50億円以上の大型倒産は7件(同4.3%)。

 発生月別では、「4月」が103件(構成比60.6%)で最多。「2月」(2件)、「3月」(25件)と増加傾向続く。「5月」は20日16時現在で40件だった。(事業を停止していた会社が法的整理に移行した場合、法的整理日でカウント)

東京都が38件で全国最多 業種別ではホテル・旅館が最多

新型コロナウイルス関連倒産

 都道府県別では、「東京都」(38件)が最多で、以下、「北海道」(17件)、「大阪府」(13件)、「兵庫県」(11件)、「静岡県」(9件)と続き、これまで39都道府県で発生。

 業種別では、「ホテル・旅館)」(35件)を筆頭に、居酒屋、バイキングレストラン、ビアレストランなどの「飲食店」(21件)、「アパレル・雑貨小売店」(14件)、「食品製造」(12件)、「食品卸」(7件)と続く。