Biz/Zineニュース

H.I.F.、クオンタムリープベンチャーズとFintech分野の新サービス開発へ業務提携契約を締結

 BaaSプラットフォーム「Fimple Platform」を開発・運営するH.I.F.(以下、HIF)とスタートアップスタジオやベンチャーキャピタルを運営するクオンタムリープベンチャーズ(以下、QXLV)は、Fintech分野にて共同での新サービス開発に向けて業務提携契約を締結した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HIFは、コミュニティのニーズに合わせたFintechサービス開発を容易にするBaaSプラットフォーム「Fimple Platform」の開発を進めている。Fimple Platform上の各Fintechサービスをカスタマイズしたり、API連携したりすることで、コミュニティを所有する企業や組織がコミュニティに合わせて最適なFintechサービスを開発することが可能となる。

 今回の業務提携は、その第一弾としてQXLVとの協業で決済代行分野においてQXLVの支援先・関連先に最適なFintechサービスの開発を目指すもの。

 スタートアップスタジオやベンチャーキャピタルを運営するQXLVは、本件業務提携により、支援先企業のバックオフィス負担を軽減し、事業の飛躍的成長を促すことを目指す。

 今回の業務提携の第一ステップとして、QXLVは自社の支援先や元ソニー会長兼グループCEO出井伸之氏をはじめとするアドバイザーの関連先から、決済代行やバックファイナンスニーズのある企業に対し、HIFと連携して「Fimple決済」や「Fimple保証」などの各種Fintechサービスを提供していく。