連載・コラム 領域別 テクノロジー活用トレンド

“食”領域が抱える課題とフードテックへの期待──テクノロジーが加速させる「外食の中食化」とは?

食領域-1

 近年デジタルトランスフォーメーション(DX)が注目を集めており、これまであまりテクノロジー導入が進んでいなかったレガシー産業でも、テクノロジーの活用が進みつつあります。本連載では、様々な業界におけるテクノロジートレンドについて、業界の全体像と国内外のスタートアップ/大企業の事例を交えて紹介します。第1回から第4回は、近年フードテック、アグリテックとして注目が集まる「食」領域について取り上げます。まずは食領域の全体像と、「外食の中食化」について解説していきます。

[公開日]

[著] 阿部 傑 貝沼 篤 鮫島 裕介

[タグ] テクノロジートレンド DX フードテック

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超巨大市場“食”にまつわる3つの課題

 世界中のすべての人にとって必要不可欠である“食”。その市場規模は巨大で、経済産業省の資料によれば、世界の市場規模は約680兆円、調査によっては700兆円以上ともいわれています。

 一方で、食領域はテクノロジーの導入が遅れているレガシーな領域でもあり、国連が掲げる持続可能な開発目標であるSDGsのテーマにも挙げられるなど、多くの課題が存在する分野でもあります。持続可能なフードエコシステム実現に向け、特に注目が集まる課題例として、次のようなものが挙げられます。

食糧危機・タンパク質危機

 世界的な人口増加と新興国の発展により、食糧や肉類などのタンパク質の需要が高まることで、供給が追いつかなくなり、世界的に食糧や良質なタンパク質が不足することが懸念されています。このような背景から、代替肉と呼ばれる植物肉や培養肉に注目が集まっています。

フードロス

 国際連合食糧農業機関(FAO)によると、農業生産から消費に至るサプライチェーン全体で、食料の約3割が捨てられ、その量は1年あたり約13億トンに上るといわれます。SDGsにおいても、2030年までに小売・消費における一人あたりの食料廃棄を半減させ、生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させる目標を掲げています。

食の安全性

 食の安全性も、注目度が高い領域です。数年前に大手外食企業で異物混入があったことが記憶に新しいように、食の安全に関わる事故は現在も発生しています。これらを防ぐために、テクノロジーを活用したトレーサビリティの担保も課題となっています。

 このような、大規模で多様な食領域の課題を背景に、世界的にフードテックへの注目が高まっており、スタートアップへの投資も盛んに行われています。米投資会社AgFunderや、仏ベンチャーキャピタル Five Seasons Venturesによると、2017年に1.1兆円以上、2018年には2兆円の投資が実行されたといいます。

 次のページからは、国内食市場の動向と、食領域の全体像をご紹介します。

バックナンバー