Biz/Zineニュース

スマートドライブとモノフル、運行計画からの遅延をリアルタイムで可視化・通知する「着タイム」を共同開発

 スマートドライブとモノフルは、運行計画からの遅延をリアルタイムで可視化・通知する機能「着タイム」を共同開発、提供開始すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 物流

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「着タイム」は、リアルタイムに車両の現在地を把握し、到着予定時刻を算出して、配車計画に対する遅延情報および到着予定時刻を担当者にメールで通知するサービス。従来は遅延が発生すると、ドライバーと運送会社、荷受け側との間で電話連絡を取り合う必要があった。このサービスによって自動で遅延が通知されることで、荷受け側が時間を有効活用できることに加え、運行計画の適宜変更によってスムーズな輸送が行えるようになる。

 また、今回新たに提供開始する「着タイム」と、スマートドライブが提供する、車両の管理や稼働率の分析など、車両を使った事業活動の効率化を促進する「SmartDrive Fleet」や「Mobility Data Analytics」を連携させ、物流におけるPDCAサイクルをワンストップで行うことが可能となる。