Biz/Zineニュース

たき工房とADDIX、共創型の商品開発支援サービス「MIXEED」をリリース

 たき工房は、体験価値を重視した共創型の商品開発支援サービス「MIXEED(ミクシード)」を、ADDIXと共同でリリースした。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 商品開発 事業開発 企業戦略 オープンイノベーション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デザインエージェンシーたき工房は、広告づくりで培ってきたデザインスキルやノウハウをいかし、2012年より自社プロダクトブランド「TAKI PRODUCTS」を立ち上げている。“ヒトに「伝えたくなる」をつくる”をテーマに、新しい体験にこだわったプロダクトを企画・開発を行ってきた。今回、企業のデジタルトランスフォーメーションを様々なスタイルで実行支援するADDIXと共同で、商品開発を支援するサービスを新たに開始。企業が保有する専門知識や技術・ノウハウに、クリエイティブ力とデータマーケティング力をMIXすることで、新しいコトを生むモノの企画・開発を加速させるとしている。

MIXEED

デザイン×データで、商品開発の悩みを解決

 MIXEEDは、商品企画・開発に関わる企業・担当者を対象に、外部クリエイターの発想やスキルの提案に加え、ソーシャルメディアの様々なデータを紐付け、商品企画から開発までのアイデアを提供するオープンイノベーション型のサービス。新たな商品づくりはもちろん、既存商品をターゲットに、商品に新たな体験・付加価値を与えるとしている。自社のみで行う従来の商品開発とは違うワークフローを取り入れることで、アイデアの転換などに活用だという。

下記のような悩み・要望を持つ企業・事業者向けサービス

  • 従来の発想から脱却できず、商品アイデアのマンネリ化に悩むメーカー
  • 自社の技術をいかし、B to C向け商品を開発したいB to B企業
  • 独自性のあるモノを通して、顧客に特別な体験を提供したいサービス事業者

サービスの特徴

1. 約200名のクリエイター集団による、アイデアのご提供

 たき工房には、デザイナーを中心に第一線で活躍するクリエイターが多数在籍。クリエイター自身の発想から商品開発を行う「TAKI PRODUCTS」などの活動も行っており、顧客の要望に合わせて、クリエイターならではのデザイン視点と発想力、さらには自社開発のノウハウからユニークなアイデアの提案が可能としている。企画段階での行き詰まりなど、課題に応じて活用ができるという。

TAKI PRODUCTS

2. 単なる思いつきではない、SNSデータ等による裏付け

 ADDIXでは、300社以上のデジタルマーケティングにおける実績で培ったデータをもとに、アイデアの裏付けとなる様々なSNSデータの調査・提供が可能。SNS上にあるリアルな声から、どういった体験が求められているかなどをふまえ、クリエイターたちのアイデアづくりに役立てることができるとしている。

3. 社内稟議を通すためのデータやイメージづくりをサポート

 商品開発においては、社内稟議という大きな壁があり、アイデアを通すために必要となるデータの収集や、実際に商品化されたときのイメージづくりなどの面でもサポート。