Biz/Zineニュース

グッドパッチ、プロジェクト初期段階から合意形成を促すビジュアルドリブンプロセス「TORO」の提供開始

 グッドパッチは、プロジェクト初期段階でのコンセプトや世界観をビジュアル化することによりプロジェクト推進を加速するビジュアルドリブンプロセス「TORO」の提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 ビジョン経営 プロダクトマネジメント ビジュアルドリブンプロセス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回、ビジュアル専任チームを発足し、新規事業開発担当者やプロダクトマネージャーの思考を迅速かつ高いクオリティでビジュアル化する。

「TORO」の概要

 あらゆる企業が新規事業・サービスを立ち上げ、サービスのコモディティ化が進んでいる。各社がユーザー獲得にしのぎを削る中、ユーザーの声に寄り添うサービスが次々に生まれ新規参入者の競争環境は一層激化している。

 新しい事業・サービスが乱立する中で、ユーザーに選ばれ続けるために「実現したい世界観をどう伝えるか」「いかに直感的に受け入れられるか」が重要度を増しているのだという。

 これまで多くの大企業・スタートアップの新規事業立ち上げの知見と実績を有するグッドパッチが、プロジェクト初期段階から起案者の世界観をビジュアル化するビジュアルドリブンプロセス「TORO」の提供を開始。

 早期にクオリティの高いビジュアル化を行うことにより、社内の合意形成を促し新規事業・サービスを迅速に社会に実装し、意図した方向にユーザーの感情を動かすことを通じて、デザインの力でビジネスを前進させることを目指す、としている。プロダクトの魅力を直感的に伝えるTOROのウェビナーも実施される。

「TORO」で実現できること

 プロジェクト初期段階に携わる新規事業開発担当者、プロダクトマネージャーなどを対象にサービスを提供。

TORO

  • 担当者の頭の中にあるビジネスモデルや世界観をビジュアル化することで、社内の迅速な合意形成を実現。世界観の認識が揃いプロジェクト推進を加速
  • 即効性のあるデザインにより、意図した方向にユーザーの感情を動かしサービス・プロダクトを初めて使ったユーザーへ鮮烈な記憶を残す
  • 膨大なテキストベースの資料はなく抽象化・構造化されたビジュアルを用いることにより、株主に対してわかりやすく企業/事業/サービスについて伝える

TORO

TOROの基本的な提供プロセス

TORO

ビジョン抽出/Vision

  • 理想のビジョンを抽出するワークショップの実施
  • 抽出したビジョンをもとに、象徴的なビジュアルを高いクオリティで作成

コンセプト策定/Concept

  • 経営者・サービス起案者・ユーザーなどへヒアリングを通じてコンセプトを策定

ビジュアライズ作成/Visualize

  • コンセプトからプロセスと並行して感情に訴求するビジュアルを作成プロジェクト初期段階にサービスやコンセプトをビジュアル化することで実装段階における課題を早期に発見し、チーム全体で問題を認識する効果も。