SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

DNP、リアルとバーチャルを融合した「地域共創型XRまちづくりPARALLEL CITY」を推進

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 大日本印刷(以下、DNP)は、現実(リアル)の街と並列(パラレル)で仮想(バーチャル)の街・施設を開発する自治体や施設管理者公認のXR(eXtended Reality)コミュニケーション事業を開始する。VR、AR、MRなど、リアルとバーチャルの融合によって、現実の地域や施設が持つ価値や機能を拡張させ、生活者に新しい体験価値を提供し、地域創生につなげる「地域共創型XRまちづくりPARALLEL CITY(パラレルシティ)」を推進する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 DNPは独自の「P&I」(印刷と情報:Printing & Information)の強みである表現技術と安全・安心に大量の情報を処理する能力に、パートナーの強みを掛け合わせて、年齢・性別・言語などによって分け隔てられることなく、リアルとバーチャルの双方を行き来できる新しい体験と経済圏を創出する「XRコミュニケーション事業」を展開していく。この事業の展開にあたっては、2019年に資本業務提携したCのグループ企業である世界とも連携していく。

1.多様性に富む新しい「場」を構築し、誰もが安全・安心に過ごせる快適な空間を提供

 地域共創型XRまちづくりPARALLEL CITYを推進するにあたり、DNPは誰もがいつでも簡単に、かつ安全・安心に楽しめる空間の構築に必要な機能を備えたXRロケーションシステム「PARALLEL SITE(パラレルサイト)」を提供する。また、地域創生事業を通じて培ったノウハウやネットワークなどを活かし、「PARALLEL SITE」を活用した地域共創型のバーチャル空間を構築していく。

2.共創による表現の拡張や良質なコンテンツの発信により新たな文化価値を創造

 DNPは、アニメ・マンガ・ゲームなどのコンテンツホルダーと協業し、リアルとバーチャル双方の多様な表現手法を使ってコンテンツの魅力を発信する事業を推進していく。また、デジタル処理技術を活用した国内外の美術館・博物館の所蔵作品や有形・無形の文化遺産に関するアーカイブ事業と、それらのデータをさまざまなメディアに展開する事業も推進している。DNPは、これらの良質なコンテンツとXRコミュニケーションを掛け合わせ、生活者が多様な文化に触れて楽しみながら学べる新しい体験価値を創出していく。今後は、地域の空間と連動したイベントなども企画していくという。

3.新しいコミュニケーションにより人と情報の流れを促し、経済を活性化

 コロナ禍により非対面・非接触のコミュニケーションが求められるなか、DNPは「企業と生活者」「生活者同士」が安全・安心につながる新しいコミュニケーションサービスを提供する。リアルとバーチャルが連動して買い物が楽しめる「リテールテイメント」や、仮想空間での体験や鑑賞を実現する「バーチャル展示会」などを既に展開しており、これらのサービスと「PARALLEL SITE」で構築した自治体や施設管理者に公認された空間と連動させることで、地域交流の場を拡張していく。

 DNPは、地域と連携し、北海道札幌市北3条広場と東京都渋谷区立宮下公園において、XRコミュニケーション事業を展開する空間のオープンを予定している。

 DNPは、自治体や地域のパートナー企業などと共創しながら、日本各地の街や施設の公認空間を開発していく。2021年中に、渋谷区立宮下公園と札幌市以外にも複数箇所の立ち上げを予定しており、2025年までに全国30拠点の構築を目指す。また、各地の公認空間を基軸に、さまざまなXRコミュニケーション事業を展開していき、2025年度までに関連事業も含めて100億円の売上を目指すとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング