Biz/Zineニュース

ローンディール、東洋製罐グループホールディングスへ「レンタル移籍」を提供

 ローンディールは、東洋製罐グループホールディングスに対して、人材が元の企業に在籍しながら期間を定めて他社で働く仕組みである「レンタル移籍」を提供した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 企業戦略 レンタル移籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「レンタル移籍」の仕組みを活用して、東洋製罐ホールディングスのイノベーション推進室 竹内 友里氏が、2021年4月よりRelicでの業務を開始した。

 東洋製罐グループホールディングスは、100年以上の歴史の中で包装容器業界をリードし続けてきた技術を活かし、新しい価値創造と社会課題解決に向き合っている企業。今回、「レンタル移籍」を通して、社内の技術や人材などの有形無形資産を活かし、新しい事業を創出することを期待しているという。