SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

SAPジャパン、インダストリー4.0化戦略の具現化を進めるサービスを提供開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 SAPジャパンは、顧客とともにインダストリー4.0化戦略の具現化を進めるためのサービスである「Industry 4.Now推進サービス」の提供を開始した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 今回提供を開始したIndustry 4.Now推進サービスは、インダストリー4.0化戦略によってめざすべき最終形のイメージに最短距離で近づくための計画を具体化し、実装し、活用しつづける道のりを、SAPジャパンが伴走して支援するもの。具体的には、以下の4つの段階に分けて、企業のインダストリー4.0化戦略の推進を支援していく。

1.アセスメント実施、内容確認、ビジョン明確化、改善機会の優先度設定

 50項目のアセスメントシートによる調査を行い、顧客それぞれにおけるインダストリー4.0化における成熟度と改善機会を把握する「成熟度評価」を実施する。また、その評価に基づいて、改善機会をさらに深堀し、最初に着手すべきテーマを決定するなど、今後の方針や進め方を確認する。グローバルでは、この成熟度評価はセルフサービスとして提供されているが、日本では固有の市場環境を鑑みて、この評価の段階から、SAPジャパンが顧客とともに実施していくという。

2.ロードマップ定義、プロトタイプ計画・準備

 改善テーマを実現するうえでの必要な構成要素を明らかにし、改善のロードマップを作成する。

3.プロトタイプ検証

 改善テーマを実現するうえでの必要な構成要素について、迅速に実現性をプロトタイプ実証し、描いたロードマップの妥当性を確認する。

4.本格導入

 ロードマップに基づき、必要な構成要素を順次実装していく。パートナー主体で導入を進める場合は、第3段階までにおける知識の移行を適切に行うなどして、最適な方法で導入を進められるよう支援する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング