SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

富士通グループが社内のDX推進にへ「Sansan」と「Sansan Data Hub」を導入

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 Sansanは、富士通が法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入し、併せてデータ統合機能「Sansan Data Hub」の利用も開始したことを発表した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 今回のSansanの導入とSansan Data Hubの利用によって、SE・営業を中心とした富士通の国内グループ社員約8万人の人脈の可視化と共有、グループ全体の高品質な顧客マスタの構築を実現し、顧客アプローチの変革を後押しする。また、リモートワーク環境下での全社員でのオンライン名刺化も行うことで、オンライン商談時のコミュニケーションの円滑化と、オンライン上でのコンタクト情報のデータ蓄積と利活用も期待できるという。

導入の目的

  • グループ社員の人脈可視化・共有プラットフォームとして活用
  • マーケティング活動を高度化し、顧客アプローチを変革
  • オンライン上の接点情報もデータとして取得・蓄積、営業力を向上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング