Biz/Zineニュース

ソフトバンクと東京大学らがデジタルツインを活用した『次世代AI都市シミュレーター』の研究開発を開始

 東京大学、ソフトバンク、小田急電鉄、グリッドの4者は、東京大学とソフトバンクが行うBeyond AI研究推進機構の研究テーマの一つとして、小田急線海老名駅と周辺施設を対象に、来訪者の行動変容を促す人流誘導アルゴリズムを実装する『次世代AI都市シミュレーター』の研究開発において連携し、研究を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スマートシティ AI デジタルツイン ソフトバンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Beyond AI研究推進機構は、「基礎研究(中長期研究)」と、社会課題へのAI(人工知能)の活用を目的とする「応用研究(ハイサイクル研究)」の二つの領域で研究に取り組んでいる。今回、応用研究の一つとして、スマートシティに関する研究を行うことを決定したという。小田急電鉄およびグリッドと協力し、小田急線海老名駅および周辺施設の各種データと人流誘導アルゴリズムを組み合わせ、快適で便利な都市づくりと地域活性化への貢献を目指す。1日の乗降客数が10万人を超える小田急線海老名駅とその周辺地域を研究の対象とすることで、都市におけるAI活用の有用性を、効果的に検証するとしている。

 この研究は、仮想空間に現実世界を再現するデジタルツインを活用して、デジタル空間上に小田急線海老名駅と周辺エリアを再現し、人流・交通・購買・来訪者の属性などのデータを使って、人々の流れや行動を可視化・予測するシミュレーションを行う。これに基づき、実際に、来訪者のスマートフォンアプリへの各種情報の通知やクーポンの発行、施設内のデジタルサイネージでの情報表示などを実施することで、人々の行動変容を促し、混雑緩和と購買促進の両立、交通の最適化、災害時の避難誘導などに関わる技術を開発し、社会実装を目指す。

 今後は、地域におけるより多様なデータを活用し、人流誘導に加えて、エネルギーや物流の効率化など、環境負荷軽減に貢献する都市づくりの検討を進めていくという。また、今回の研究結果を基に、実用性・汎用性が高いソリューションの開発を進めていく。4者は、この研究を通して、人と人を結び、地域への来訪者、住民、企業・自治体などの地域に関わる全ての人にとって価値のあるスマートシティの実現を目指すとしている。

役割分担

  • 東京大学:人流誘導アルゴリズムの開発。東京大学Beyond AI研究推進機構 田中 謙司准教授および東京大学大学院工学系研究科 坂田 一郎教授による先進的な人流誘導の研究の知見を提供。
  • ソフトバンク:『次世代AI都市シミュレーター』全体の設計・開発。スマートシティ開発の実績など、最先端テクノロジーや事業化に関する知見・ノウハウを提供。
  • 小田急電鉄:MaaSの先駆的取り組みや、職、住、商、学、遊の生活シーンなどに貢献する沿線まちづくりを推進する中で得た知見を提供。
  • グリッド:社会インフラを中心としたデジタルツインの実現、最適化の実績による知見を生かし、研究開発環境を構築。