SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineインサイト (PR)

DX推進に欠かせない「経営トップのメッセージ」と「データ仮想化」と「アジャイル思考」とは?

ゲスト:株式会社ジール 石家 丈朗氏、株式会社データ総研 藤生 尊史氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

DX推進に欠かせない経営トップのメッセージ

石家 丈朗株式会社ジール ビジネスディベロップメント部 上席チーフスペシャリスト 石家 丈朗氏

──ジール石家さんにも、今まで支援した事業会社のDX推進の成功要因から、今後DXに本格的に取り組む企業でも活用できる知見をお聞きできればと思います。

石家 丈朗氏(株式会社ジール ビジネスディベロップメント部 上席チーフスペシャリスト、以下敬称略):多くの企業では、IT担当者が現場からのリクエストを受けて手作業でデータを集めてレポーティングする、といった“バッチ処理的”なデータ活用が行われています。人が介在しているから当然ミスも起こりますし、どこでミスが起きているかも分からない。なおかつ、ものすごく労力が掛かるため、情報システム部門の本来の業務も滞ってしまうという課題がありました。

 DX推進に成功する事業会社は、経営トップの大号令で始まることが多い。その際にポイントとなるのは、「失敗の許容」と「スピードの重視」をメッセージとして出すことです。これはどの企業にとってもそうですが、DX推進には必ず「初めてのこと」が多く存在します。初めてなのだから、当然失敗もあります。その失敗を恐れていては進むものも進みません。

 「経営トップの大号令」というトップダウンのアプローチの後に、実際に基盤となるデータ活用のためのデジタルプラットフォームを構築することになるのですが、構築するにあたっては次の4つの方針が参考になると思います。

 1つ目は、小さいデータベースをいくつも作るのではなく、誰もが必要な時に一箇所から必要な情報が取れるという、全社的なプラットフォームを作ること。2つ目は、システム化してもそこに人が介在するのでは結局人為的なミスや負担は減らないので、現場のセルフサービス化を促進し、人が介在せずに済むプラットフォームにすること(情報システム部門の負荷軽減)。3つ目は、極力データの複製はしないこと。コピーを繰り返している間に正確性が損なわれるのを防ぐためです。そして最後に、セキュアでガバナンスの効いた「使える」データにすること。

 大林組様は「データウェアハウス」と呼ばれる、散在しているデータを一箇所に物理的に統合するプラットフォームも検討されていました。ですが、様々な種類のデータがありますし、その量も膨大です。その後のメンテナンスのことを考えても「データウェアハウス」は非現実的でした。では、何か別の方法はないのかということで模索した結果、たどり着いたのが「データ仮想化」という手段でした。

大林組の事例詳細をまとめた資料は最終ページでもダウンロード可能です

次のページ
「アジャイル」と「データガバナンス」は両利きで進める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineインサイト連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング