Biz/Zineニュース

KDDI、「マーケティング」「IPビジネス」領域での事業共創プログラム「∞の翼 2021」を開始

 KDDIは、スタートアップのビジネスモデルと大企業のリアルアセットを活用して新規事業創出を目指す事業共創プログラム「∞の翼 2021」を6月14日から開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ 事業開発 共創 KDDI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このプログラムは、ソニー・ミュージックエンタテインメント、大日本印刷とKDDIとの間でそれぞれ策定した「マーケティング」「IPビジネス」の2つの事業領域において共創テーマを公開し、新規共同事業に加わるスタートアップを募集するもの。

 2021年度は、事業の要となるMVP(Minimum Viable Product)のローンチを目指す。また、2つの共創テーマについて、スタートアップのエントリー受付を開始した。

募集開始する2つの事業領域および共創テーマ

マーケティング

  • 共想テーマ:新たなコンテンツマーケティング手法の創出
  • 参画企業:ソニー・ミュージックエンタテインメント、KDDI
  • 目指す事業:データを活用した新たなファンビジネスの創出(アーティスト&ミュージック・アニメ・ゲーム・キャラクターなど)
  • 提供できるアセット:コンテンツプロデュース/マーケティングのプロ人財、アーティストやコンテンツ別の各種データ
  • 公募スタートアップへの期待:ソニーミュージックグループが保有する多様なデータに基づきコンテンツ推薦やマーケティング施策を高度化する技術・ソリューション・アイデアの提案

IPビジネス

  • 共想テーマ:新たなアニメ・マンガIPビジネスの創出
  • 参画企業:大日本印刷、KDDI
  • 目指す事業:アニメ・マンガIP二次利用事業者向けにマネタイズを支援するプラットフォームビジネス
  • 提供できるアセット:東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA(リアル/バーチャル)を通じたサービス提供、利用許諾が得られたIP
  • 公募スタートアップへの期待:アニメ・マンガIPの魅力を生かした新しい表現や体験を実現するサービスの創出や流通モデルの提案