Biz/Zineニュース

NTTドコモ、ALSOKなど4社がデータ利活用などで連携 ソリューション開発を高速化

 NTTドコモ、ALSOK、パイオニアスマートセンシングイノベーションズ、SCSKの4社は、3D-LiDAR、点群データを活用するビジネスの創出を目的としたアライアンス契約を締結し、2021年6月15日に「スマートセンシングアライアンス(以下、SSA)」を設立した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 アルゴリズム NTT ALSOK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SSAは、センサーの利活用を検討している事業者などが、そのニーズに最適なサービスやソリューションを容易に手に入れることができる環境を構築するために、業界の垣根を超えて参画した共同体。

 具体的には、以下2点の実現を目的としている。

  1. 3D-LiDARを利活用したソリューションの開発・提供と社会課題解決への貢献
  2. センサーから得られる点群データなどの収集と、その利活用による付加価値の創出

 4社は今後、3D-LiDARなどのセンサーを様々なシーンで利活用するために、ソフトウェア、アルゴリズム、通信による遠隔管理などのソリューションをワンストップで提供することで、各事業者のニーズの充足と、課題解消の迅速化、効率化を図っていく。

 また、多種多様なデータを、「点群データバンク」としてSSA参加企業間で利活用可能にし、最適なソフトウェア、アルゴリズムを融合することで、ソリューションをスピーディーに開発できる環境を構築する。

 SSAは、参加企業を限定しない拡張型のアライアンスであり、設立主旨及び目的に賛同、協力する企業様などと、今後幅広く連携していく方針だという。