Biz/Zineニュース

電通グループ3社、マーケティングシステムの変革を支援する「DX診断 for システム」の提供を開始

 電通デジタル、電通、電通国際情報サービス(以下、ISID)は、マーケティングシステムに特化した課題の抽出とソリューションを提示する「DX診断 for システム」のサービス提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] マーケティング DX 電通

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このサービスは、診断結果からマーケティングシステム構成の現状課題(AS-IS)を抽出するだけでなく、理想の顧客体験をもとにしたあるべきマーケティングシステム構成設計(TO-BE)と、その実現に向けた具体的なマーケティングシステムの導入・改善ステップまで落とし込み、実装・運用まで並走する、統合力と実効性を有しているという。

DX診断 for システムの特徴

  • 国内電通グループ各社の強みを生かしたマーケティング支援力×システム構築力の統合と実効性
  • システム構築に必要となる要素を網羅した、実効性のある6種類のアウトプットでプロジェクト計画や要件定義にスムーズに移行可能
  • 2時間×4セットの短期完結型有償サービス(2カ月程度)。効率的なプロジェクト推進が可能

 電通デジタル、電通のマーケティング支援力とISIDのシステム構築力を掛け合わせることで、マーケティング戦略とシステムの両側面から課題をつまびらかにし、統合的かつ実効性のあるソリューションで理想の顧客体験を実現するマーケティングシステムの実装を推進、企業のマーケティングDXを後押ししていくとしている。