Biz/Zineニュース

東急、街づくりのDXを実現する新組織「デジタルプラットフォーム準備プロジェクト」を設立

 東急は、街づくりにおけるDXをより加速させるため、2021年7月1日に新組織「デジタルプラットフォーム準備プロジェクト(Urban Hacks)」を設立した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スマートシティ 事業開発 DX プロジェクト 東急

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 街づくりのDX専門組織としてこのプロジェクトを設立し、同社グループのデジタル領域への投資を集中させることで、各事業でのデジタルリソースの有効活用、事業間の共通利用を実現。投資効果の最大化を目指していく。

 このプロジェクトで最初に取り組むのは、「街づくりDX」の実現に向けた、同社グループを連携したデジタル開発の推進だという。グループのサービスをデジタルの体験と融合させ、生活や仕事、エンターテインメントなど各事業間を横断するサービスおよびアプリケーションを提供する。

 また、グループ各社が展開するリアルとデジタルのサービス導線を、顧客にとって最適な形でデザインし、より充実したライフスタイルの提供も目指す。顧客視点からの設計と商品化をおこない、市場投入後も顧客からのフィードバックをもとにサービスを継続的に改善。事業戦略からプロダクトまでを一貫した、自社でのアジャイル開発を行っていくという。

 プロジェクト設立に伴い、エンジニアやデザイナーなどを募集し、本年度中の組織化と開発に着手。継続的な顧客の体験価値向上の実現に向けて、「デジタル×リアル」を駆使したサービス展開による、「街づくりDX」の推進を加速するとしている。