Biz/Zineニュース

東芝、8社と協業検討を開始し事業共創プログラムを本格スタート

 東芝は、2021年3月16日~5月6日に参加企業の募集を行った「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2021」において、応募のあった共創プランから協業の検討に進む参加企業8社を決定した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 新規事業開発 ブロックチェーン 量子コンピューター データ活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM」は、東芝グループが持つビジネスアセット・先端技術を活用したイノベーションを起こす企業を募集し、同グループとの協業を通じて事業化の加速を支援するプログラム。協業の検討に進む参加企業は、同グループが持つプライベートブロックチェーン、シミュレーテッド分岐マシン、購買データなどの技術を活用したビジネスソリューションの共創を目指すという。

 今後は、2021年9月24日に実施される成果発表会に向けて実証実験などを重ねるとしている。なお、プログラムの企画・運営は、サムライインキュベートの協力のもと実施されるという。

協業検討開始企業

プライベートブロックチェーン

 プライベートブロックチェーンを活かしたサービス、オープンなコミュニティの場の提供
  • SAMURAI Security
  • ZEROBILLBANK Japan

シミュレーテッド分岐マシン

 量子コンピュータの研究から生まれた世界最速・最大規模の組み合せ最適化ソルバを活用したビジネスモデルの開発

  • Revorf
  • アヘッド・バイオコンピューティング

購買データ活用

 リアル店舗の購買データを活用した新たな価値創出

  • エクサウィザーズ
  • DATAFLUCT

ラグビーx SportsTech

 スポーツテックを活用した東芝ラグビー部のチーム強化

  • Sportip
  • ソニーネットワークコミュニケーションズ