SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

Purposeを起点とした新しい経営

「利他主義」を掲げるLIFULLが実践するパーパス経営──社会課題起点で事業が生まれる文化作り

第14回 ゲスト:LIFULL

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

社員の社会貢献活動を支援する「One P's」

永井:続いてお聞きしたいのが、LIFULLが行っている、社員一人ひとりの社会貢献活動を支援するプログラム「One P's(ワンピース)」についてです。こちらは社員が特別有給休暇を使って社会貢献活動に参加することを支援するプログラム等があるということですが、実際にどのように活用され、社内からどのような声が上がっているのでしょうか。

宮田:社会課題に着目し、それに対するアイデアが生まれたとしても、行動に結びつかなければ意味がありません。その行動の機会を会社として提供すべきだろうと考えたことが、「One P's」が生まれたきっかけです。会社の制度として支援すれば、行動に移すハードルが下がりますし、同じ課題に向き合う仲間も集めやすいため、活動に必要な戦力を補いやすくなるでしょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Purposeを起点とした新しい経営連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

永井 恒男(ナガイ ツネオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

友清 哲(トモキヨ サトシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング