SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ソフトバンク、仮想化されたプライベート5G商用化に向けNVIDIAと研究施設の開設に合意

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ソフトバンクは、5Gの仮想化無線ネットワークであるvRAN(virtualized Radio Access Network)およびMEC(Multi-access Edge Computing)が融合した環境で、AI技術を含むソリューションの実証やビジネス領域への技術応用を行うことができる研究施設「AI-on-5G Lab.(エーアイ・オン・ファイブジー・ラボ)」を、2022年にソフトバンク社内に開設することでNVIDIAと合意した。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 本施設での実証を通して、エンド・ツー・エンド(E2E)のプライベート5G向けソリューションの開発や、完全仮想化されたプライベート5Gの商用化を推進するという。

 「AI-on-5G Lab.」では、GPUによるvRANとMECの両機能を統合した様々な検証が可能。ソフトバンクが提供するプライベート5G上に、NVIDIAが提供するハードウェア、基地局の仮想化およびAI処理のミドルウェア、Mavenirが提供する仮想化された無線信号処理ソフトウェアおよびコアネットワークのソフトウェア、Foxconn Technology Group が提供する物理的アンテナという構成で、プライベート5Gの通信に必要なソフトウェアとAIのMECアプリが融合された完全仮想化プラットフォームとなっているという。他にも、ラボ内での検証だけでなく、プライベート5Gのユースケースの商用化に向けた検証なども行う予定だとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング