SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Design×Management=Innovation

企業成長の鍵となる“共感範囲”のダンバー数──利他がネットワークの求心力となる理由とは?

【山極壽一氏×入山章栄氏×佐宗邦威氏 】特別鼎談・後編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

共感で人はどこまでつながれるか。組織が150人単位である理由

入山 章栄
早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授 入山 章栄氏

山極:1970年代から「自己実現」「自己責任」とずっと言われつづけているので、今の若い人はそういうものかなと思っているかもしれませんが、日本社会だってもともとは助け合いで成り立っていた。助け合いはしがらみにつながり、嫌な思いをする人が多かったから、「自己実現」「自己責任」が叫ばれ、それはいい方向に向かった面があったとは思います。でも、今はみんなが孤独になってしまって、助け合いを忘れてしまったんですよね。

 今は、自助、自立できない人がたくさん出てきています。自助だけでは無理です。だったら共助をしなければなりません。日本の昔からの知恵には「結」など、共助の仕組みがいろいろある。もちろん過去のネガティブなしがらみを復活させても仕方がありませんから、うまくデザインし直して共助の仕組みを発展させなければいけません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
Design×Management=Innovation連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フェリックス清香(フェリックスサヤカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング