SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「大企業による新規事業」のリアル

「日経テレ東大学」プロジェクトを牽引する遠藤氏が語る、新規事業開発の“勝ち筋”

第22回 ゲスト:テレビ東京コミュニケーションズ 遠藤哲也氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「新規事業」だからといって何でも許されるわけではない

遠藤:一方で、新規事業だからといって、何でも許されると思ったら大間違いだと私は思っています。チームメンバーに伝えているのは、「社内の既存事業の人たちや、過去の成功モデルを作った人たちをリスペクトする」ことです。その人たちがいるからこそ、新規事業が続けられるわけです。

 たとえば、新規事業のスピード感が速すぎると、法務や財務部と衝突が起こることがありますよね。「契約書や請求書などに関して、社内のスピード感ではやってられないですよ」と言うメンバーもいます。でも、そういった業務をやってくれる人がいるから、守るべきものが守られる。そこはバランス感覚が必要です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「大企業による新規事業」のリアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐藤 友美(サトウ ユミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング