SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

村田製作所の事業拡大を支える知財部門──戦略策定から事業部門・経営企画部門と連携し進めるM&Aの全容

PatentSight Summit 2022 レポート Vol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

事業部門主導のM&Aに、早期から知財部門が伴走

 村田製作所の知財グループでは、具体的にどのようなM&Aの取り組みが進められているのか。谷野氏は「常に試行錯誤している」とした上で、「スタートアップの知財価値の算定方法などは、世の中にもスタンダードといえるものがなく、私たちも『これで正解』というものはまだ見出せていません。ただ、試行を重ねなければ正解に近づけない。本当にうまくいくのか、懸念と隣り合わせにありながらも、メンバー全員で取り組んでいるところです」と述べた。

 同社のM&Aの流れとして、まず「どのようなところを買収するのか」「どこを補うのか、目的はなにか」を議論・検討する「戦略策定」のフェーズがある。ここでは、基本的に事業部門が主導で動き、かなり早い時期から経営企画部門が伴走する。そして、知財部門や人事・経理財務・環境部門などのスタッフが、できるだけ早い段階でプロセスに参画することがカギだという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング