SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

国内ITトレンドとツールの特徴

レビュー比較から見る最強ビジネスチャットツール4選 自社に最適なチャットツールとは?

第2回:テーマ「ビジネスチャット」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ITレビュープラットフォーム「ITreview」のプロダクトマネージャーによる、ITツール分析コラム。今回は「ITreview」の中でもレビュー数の多い「ビジネスチャット」について取り上げます。自社にあったサービスを見極める方法について、それぞれの機能特性とユーザーレビューを踏まえてご紹介します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

社内外のコミュニケーション課題を解決するビジネスチャット

 新型コロナウイルスの影響を大きく受けた近年、多くの企業でリモートワークが取り入れられ、新しいITツールの導入数も大幅に増加しています。その中でも、「ビジネスチャット」は、リモート環境で需要が高まったITツールの代表格です。我々が運営するITツールのレビューサイト「ITreview」でも、ビジネスチャットに関する口コミ投稿数は4,500件以上にのぼり、他のツールと比べても突出してレビューが投稿されています。

 ビジネスチャットを導入することで、オフィスにいなくても手元のPCやスマートフォンで、通話や電子メールより手軽に、社内外とリアルタイムでのコミュニケーションができるようになりました。

 ビジネスチャットは比較的シンプルなITツールのため、ツールごとに大きな違いなどないのでは? と思う方も多いもしれません。しかしレビューを見ていくと、案外特徴の違いがあることが見えてきます。特に認知度・満足度がともに高く人気のビジネスチャットは「Slack」、「Microsoft Teams(以下Teams)」、「Chatwork」、「LINE WORKS」の4つですが、会社規模や利用目的によって評価が分かれることが明らかになっています。

 今回はレビュー分析で得られた各ビジネスチャットツールの使用感や課題などをご紹介していきます。

 集まったレビューデータをもとに、満足度と認知度の二軸でビジネスチャット製品をマッピングしたのが図1です。縦軸に認知度、横軸に満足度を示しカテゴリーごとに「ITreview Grid(グリッド)」として公開しています。

図1:ITreview Gridビジネスチャット部門全体図(2022年4月時点)
図1:ITreview Gridビジネスチャット部門全体図(2022年4月時点)
クリックすると拡大します

 このグリッドのポジショニングマップからは、Slackの圧倒的な認知度と満足度の高さが読みとれます。ITツールは、ユーザーの求める機能やニーズ、会社規模によって、認知度と満足度が変化しやすい傾向がありますが、Slackはどの規模の企業においても、高い認知度と満足度を確立しています。

 そしてSlackに追随する認知度を得ているのが、Teams、Chatwork、LINE WORKSです。今回は、この4ツールの機能を整理しながら、レビューも含めて比較してみましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
豊富なAPI連携で柔軟なカスタマイズが可能な「Slack」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
国内ITトレンドとツールの特徴連載記事一覧
この記事の著者

日下 諒子(ヒノシタ リョウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング