SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

堀場製作所、新たなエネルギー事業のグローバル・ハブ拠点を本格稼働 2023年中に生産能力3倍めざす

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 堀場製作所は、ドイツにある同社のグループ会社で、燃料電池やバッテリー、水素ガスを製造する水電解装置などの評価装置を開発・製造・販売するホリバ・フューエルコンが建設を進めていた新施設「HORIBA eHUB(ホリバ イーハブ)」が今春完成し、本格稼働したと発表した。

 同施設は、従来の5倍となる7,000㎡の生産エリアを有し、2023年中を目途に生産能力を従来の約3倍に増強することを計画。また、世界的な水素製造のニーズを見据えて、生産増強に対応することも可能だという。

 堀場製作所は今後、同施設を新エネルギービジネスにおけるグローバル・ハブ拠点として多様な市場ニーズに応え、カーボンニュートラルの実現に貢献するソリューションを発信していくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング