日本ユニシス・エクセリューションズが基幹業務システムにオロの「ZAC Enterprise」を採用

プロジェクト収支の可視化などを評価

 オロ(東京都目黒区)は、日本ユニシス・エクセリューションズ(東京都江東区)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise(ZAC)」を基幹業務システムとして採用したことを発表した。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシス・エクセリューションズは、製造業界向けCAD/CAMを中心とした各種ソリューションの企画・開発・販売・サポート・教育までを一貫して提供している。

 プロジェクトの収支管理によるマネジメントレベルの向上やシステム統合による業務効率化を実現するため、システムの導入を検討していた。

 「ZAC」は、プロジェクト管理・経営管理、業務管理などの業務管理機能をベースに管理会計・経営モニタリングの機能をもったクラウドERP製品。

 「ZAC Enterprise」の導入にあたっては、次の点が評価されたという。

  1. プロジェクト収支の可視化による収支状況の把握、タイムリーな経営判断の実現
  2. ワークフロー機能、電子申請・承認機能など、内部統制への対応をサポート
  3. 情報の一元化による業務効率化