「マーケティング・リサーチの現状に関するアンケート」から考えるMRの未来

日本マーケテンング協会主催講演『踊り場に来たマーケティング・リサーチ』レポート

 今回は番外編として、2015年5月19日に開催された日本マーケティング協会主催セミナー『踊り場に来たマーケティング・リサーチ』での調査報告をもとに、マーケティング・リサーチ(以下、MR)の現状と未来について考えます。

[公開日]

[著] 山崎 晴生

[タグ] マーケティング 事業開発 リサーチ MROC グループインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の記事でお伝えしたいこと

  1. MRの実施率、期待度、満足度、寄与度のすべてにおいて低下傾向。
  2. なかでも、ニーズ把握、アイデア探索、コンセプト開発などの製品開発系のMRが大きく低下。
  3. 一方で、MR情報の将来における重要度は増加。
  4. MRが意思決定や課題解決の唯一の方法ではなくなっている。
  5. MRは、進化・発展が求められている。

MRの実施率、期待度、満足度、寄与度のすべてにおいて低下傾向

 2015年5月19日、公益社団法人 日本マーケティング協会の主催セミナー『踊り場に来たマーケティング・リサーチ』に参加してきました。本セミナーは、2年に1度定期的に開催されており、MR業界関係者が注目する「マーケティング・リサーチの現状に関するアンケート」の調査結果が報告されます。

 本調査の最大の特徴は、アンケートの回答者が企業のリサーチ担当者であること。MRの現状を報告する調査には公益社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会が毎年発表する「経営業務統計実態調査」もありますが、こちらは回答者が受注側のMR会社になるためクライアントの実情は推測の域を出ません。そのため、本調査は企業のMRの利用状況やニーズを内側から知ることのできる唯一の報告となります。

・日本マーケティング・リサーチ協会 経営業務統計実態調査
   https://www.jmra-net.or.jp/trend/index.html

 今年は、セミナータイトルが『踊り場に来たマーケティング・リサーチ』になっていたことから、薄々、MRの成長が鈍化してきたぐらいに考えていたのですが、いざ蓋を開けてみると予想以上に厳しい内容に驚かされました。以下に、本調査結果を抜粋して考察とともに紹介します。

 まずは、MRの実施状況です。リーマンショック後の低下から、前回まで上昇傾向にあったアンケートに代表される定量調査、グループ・インタビューに代表される定性調査共に、それぞれ7ポイント、11ポイントの低下となっています。

 

マーケティング・リサーチの実施率表1 マーケティング・リサーチの実施率
出典:公益社団法人 日本マーケティング協会 「マーケティング・リサーチの現状 2014年度 調査報告」

 次に、MRへの期待度と満足度ですが、こちらも定量調査、定性調査ともに5~11%の低下となっています。

マーケティング・リサーチへの期待度表2 マーケティング・リサーチへの期待度
出典:公益社団法人 日本マーケティング協会 「マーケティング・リサーチの現状 2014年度 調査報告」

マーケティング・リサーチへの満足度表3 マーケティング・リサーチへの満足度
出典:公益社団法人 日本マーケティング協会 「マーケティング・リサーチの現状 2014年度 調査報告」

 次に、MRの意思決定への寄与度ですが、こちらも6ポイントの低下となっており、MRが意思決定に寄与しないと考える企業がついに1/4にまで上昇しました。今回の調査では、実施率、期待度、満足度、寄与度のすべての指標において顕著な低下傾向がみられました。

マーケティング・リサーチの意思決定への寄与度表4 マーケティング・リサーチの意思決定への寄与度
出典:公益社団法人 日本マーケティング協会 「マーケティング・リサーチの現状 2014年度 調査報告」

バックナンバー