SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

リコーら、バイオ医薬品製造拠点等整備事業への提案が経済産業省より採択 mRNA治験薬の生産強化を支援

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 リコーとエリクサジェン・サイエンティフィック・ジャパン(以下、EsJ)は、経済産業省の「ワクチン生産体制強化のためのバイオ医薬品製造拠点等整備事業」への提案(治験薬製造拠点の整備事業)が採択されたと発表した。

 同事業は、国内において、新型コロナウイルスワクチンを始めとしたバイオ医薬品の実生産(大規模生産)体制の早期構築を図るとともに、新型コロナウイルスワクチンの国内における早期供給を促すために経済産業省が公募したもの。

 リコーは2022年7月、mRNA医薬品のCDMO(医薬品受託製造)事業、およびiPS細胞の分化事業を行うエリクサジェン・サイエンティフィック(eSci)の子会社化を完了。生産工程の自動化技術や生産管理ノウハウの提供を通じ、同社のmRNAを用いた創薬支援事業の規模拡大を図ってきた。

 また、9月には創薬事業を行う日本国内のスタートアップ企業の研究開発の支援を目的に、「リコー バイオメディカル スタートアップ ファンド」を設立し、GP(General Partner)を通じて日本国内のスタートアップ企業に対し投資を行っている。

 同社は今回の採択により、医療用mRNAの製造能力のさらなる増強を目指して、ワクチンをはじめとするmRNA医薬品の研究開発を支援していくという。

 mRNA治験薬の国内製造拠点を整備するとともに、スタートアップ企業への投資を行うことで、mRNA医薬品を自由に創出できる環境の構築を目指すとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング