SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「都市」×「イノベーション」

東大発ベンチャー AgIC、SenSproutを支える川原准教授に訊く「大学・研究」の役割

東大発イノベーションエコシステム(1)東京大学大学院情報理工学系研究科 川原圭博准教 前編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

必要としている人がいたから起業したSenSprout

内田:
 一方、SenSproutはどのようにして起業されたのでしょうか。

川原
 SenSprout (2015年1月設立)は、AgICとは違って、いろいろな声にこたえる形で立ち上がったベンチャーです。かつて使い捨て可能なセンサーネットを作るというNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)のプロジェクトをしばらくやっていて、論文だけでなく、最後に試作品を作ることが課せられていたことがあります。それを考えているうちに、農業にとって水が非常に重要なリソースだということがわかって、それで畑の水分がモニタリングできる使い捨て可能なセンサーの試作品を作って発表しました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「都市」×「イノベーション」連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング