SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ニッポンの経営企画・事業企画

iPS細胞を使った再生医療事業を立ち上げたニコン清田氏に聞く、新事業開発の源泉

第6回:株式会社ニコン マイクロスコープ・ソリューション事業部 ステムセル事業開発室長清田泰次郎氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

未来の創薬技術のために

津嶋:
 これまですごいチャレンジをされてきましたが、今後の方向性を教えてもらってもいいですか?

清田:
 iPS細胞に代表される幹細胞によって、これまでできなかったことができるようになります。
 その一つとして、薬の開発をする際、これまで検査ができなかった病気の検査が可能になります。パーキンソン病とか、アルツハイマーなどの神経の病気はこれまで動物でしか研究ができませんでした。しかし、iPS細胞を使うことで、病気になる神経細胞を作り出すことができ、それに効く薬を見つけ出すことに役立てることができるのです。現在、共同研究の成果などを活かし、病気の神経細胞を作り出し、薬が病気の神経細胞にどのように作用するのかを解析する技術を高めています。
 ハーバード大学、医薬基盤研、そして(山中教授が所長を務める)京都大学iPS細胞研究所などの研究者と連携しながら、未来の創薬に役立つ技術を提供していきたいと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ニッポンの経営企画・事業企画連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング