SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ニッポンの経営企画・事業企画

iPS細胞を使った再生医療事業を立ち上げたニコン清田氏に聞く、新事業開発の源泉

第6回:株式会社ニコン マイクロスコープ・ソリューション事業部 ステムセル事業開発室長清田泰次郎氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

失敗から学んだ「ユーザーニーズを捉えていたのか」という自戒―そこから、新事業が始まった・・・。

津嶋:
 それから3年後、日本に戻ってからは?

清田:
 戻ってきて4年位しても思ったほど売れなくて、赤外線カメラから撤退することになりました。ちょっとそのときに辞めようかなって思っていましたね。良い装置を作ったのに「売れないのは営業のせいだ」と主張して転職も考えました。ちょうどそのときに上司から「そう言わずに、もうちょっと頑張れよ」と。私の顔を見ていると辞めそうだなって思ったみたいで。「もうちょっと辛抱して。好きな事がやれるようにするから」と引き止めてくれたんです。
 その後、色んな部品の設計に携わったりしたんですが、やっぱり部品じゃなくてトータルのモノづくりをしたいなっていうがBioStation CT開発に向かう、自身のきっかけです。
 赤外線カメラが売れなかったのは営業のせいだという主張はしていましたが、やっぱり世の中を見てなかったということに気づき、ユーザーニーズを捉えつつニコンからの発信をしようと。そこで行きついたのが、細胞培養観察装置でした。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ニッポンの経営企画・事業企画連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング