仏オプティンベント社のARスマート・ヘッドホン「ORA-X」が先行予約受付中

Android搭載、高品質オーディオと可動式シースルー型ディスプレーを装備

 仏オプティンベント社が開発したAndroid搭載のAR(拡張現実)ヘッドホンである「ORA-X」は、高品質サウンドを実現するだけでなく、スタンドアロンAndroid搭載コンピューター、そしてシースルー型網膜投影ディスプレーを備えている。現在、クラウドファンディング・サイト「Indiegogo」において先行予約受付中で、2016年5月から提供される予定だ。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ORA-X」は、ミュージック・ビデオを見る、モバイルゲーミング、AR(拡張現実)などのモバイルエンターテインメントを現実にするとしている。

 「ORA-X」は、スタンドアロンのあらゆるスマートホンまたはタブレットのように、標準的なAndroidアプリを動作させることが可能だ。このデバイスの主な仕様は次のとおり。

  • 可動式の透明なバーチャルディスプレーは、5m先にある70インチのスクリーンに匹敵。
  • ディスプレーは視線に対して上、中央または下に動かすことが可能(100%調整可能)
  • 両目に対応(ディスプレーのアームは約180°回転)
  • 豊かな低音域レスポンスを得る50mmハイファイスピーカー
  • 雑音遮断と「パススルー」モード
  • マイク(音声通信と音声コマンド用)
  • 前方向カメラ
  • 9軸モーションセンター
  • 無線接続(Bluetooth、Wi-Fi、GPS)
  • タッチインタラクションのための容量式トラックパッド
  • 高容量リチウムイオン充電式バッテリー
  • 複雑なアプリケーションをサポートするための強力なプロセッサーと十分なメモリー容量のGPU
  • スタンドアロンAndroid搭載デバイスであり、ウェアラブルタブレットのようにアプリを独立して作動させることが可能