SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ビジネスアーキテクト養成講座

ビジネスモデルの競合分析を“顧客目線”で可視化する

第6回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

価値ライフサイクルは「顧客」と「価値提案」が交わる

価値ライフサイクル図7.価値ライフサイクル

 オファーの最後の属性は、「価値ライフサイクル」です(図7)。価値ライフサイクルとは、価値提案に対して顧客が接する全てのステージを指すものです。顧客バリューチェーン、消費チェーン、バイヤーエクスペリエンスサイクルなどと呼ばれることもあります。

 図は、価値ライフサイクルの各ステージにおいて優位性をもっている企業、あるいはそのステージに事業を集中している企業の例です。ハンバーガーのように価値ライフサイクルが短いものもあれば、自動車や法人向けの機械設備のように長いものもありますので、これを参考に作成してみていただければと思います。

競合比較を可視化する「戦略キャンバス」と「価値マップ」

戦略キャンバス図8.戦略キャンバス

 さて、価値提案やオファーの属性を定義し終えたら、「戦略キャンバス」や「価値マップ」に展開してみましょう。競合他社とどのように違うのかを、視覚的に確認することができます。「戦略キャンバス」はブルーオーシャン戦略で活用されるツールの1つであり、横軸には価格および分解された主要なオファー要素、縦軸には各オファー要素の価値レベルを置きます(図9)。前回、価値提案の価値コンセプトは「名は体を表わす」と申し上げましたが、サウスウエスト航空の「空飛ぶバス」という価値コンセプトは、この図を見れば誰もが納得するでしょう。

 「戦略キャンバス」を作成するに当たって2つポイントがあります。1つ目は、価値提案を構成するオファーは何かを明確にすることです。2つ目は、ターゲットとする顧客の立場から価値レベルを客観的にプロットすることです。各オファー要素の価値レベルがおしなべて平均以上であったとしても、競合他社と近似しているのであれば危険信号です。つまり、顧客から見えれば「どれも大して変わらない」というイメージを持たれてしまいます。

価値マップ図9.価値マップ

 次は「価値マップ」です。価値マップでは、横軸には価値提案もしくはオファーの最も基本的な特性、縦軸には価値レベルを置きます(図9)。プロットした円の大きさを市場シェア、売上、顧客数などにすれば3次元グラフとなります。ハーレーダビッドソンは、ターゲット顧客とのブランドを通じた信頼価値が排気量に対する価格プレミアムを維持している一方で、ザラ(ファッションブランド)は、バリューチェーンの効率化と高速化によって競合他社よりも高いブランドイメージを低価格レベルで実現していることが想像できます。注2)

次のページ
成功するビジネスモデルに共通する「価値提案」の定義手順

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ビジネスアーキテクト養成講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

白井 和康(シライ カズヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング