SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

愚者風リーダーのチーム論

賢者風と愚者風リーダーの違い──ヒエラルキー組織は「愛情と信頼」、ホラクラシー組織は「規律と秩序」?

第1回ゲスト:楽天株式会社 楽天大学 学長 仲山 進也 氏【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ヒエラルキー組織は「愛情と信頼」、ホラクラシー組織は「規律と秩序」がないと機能しない

──メンバーが自立して、みんなで動かしていく組織として「ティール組織」のようなものが注目されている一方で、「大企業では難しい」という意見もよく聞きます。おふたりはどう思いますか?

長尾:「できるできない」じゃなくて「やるかやらないか」だけだと思います。ヒエラルキー型の組織もティール型の組織も選べるわけだから、どちらかを選んで徹底的にやればいいんです。

──ヒエラルキー型組織が悪いわけではなく、ヒエラルキー型とティール型では機能するルールやシステムが違うということですね。

長尾:おっしゃるとおりです。ヒエラルキーにはヒエラルキーの良さがあります。そもそもヒエラルキーとは「階層」のこと。組織の中に階層があることを指しているに過ぎない。ただ、ヒエラルキー型が機能するには「愛情と信頼」が必要なんです。とても情緒的なキーワードで、意外に思われるかもしれませんが。逆にティールやホラクラシーと言われるような組織では、自立した人たちが自分たちで「規律と秩序」を生み出せる状態が必要です。言い換えると、前者は組織に、後者は個人にフォーカスが当たります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
愚者風リーダーのチーム論連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング