損保ジャパン日本興亜とジェネクスト、AIを活用したドライブレコーダー映像の分析による責任割合自動算定システムの共同開発を開始

 損害保険ジャパン日本興亜とジェネクストは、ドライブレコーダーによる衝突時の映像とGPS位置情報から事故状況を正確に分析し、自動車交通事故における責任割合を自動算定するシステムを共同開発すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 損保ジャパン日本興亜は、ジェネクストと共同でドライブレコーダーの映像を自動的に分析するシステムの開発を開始した。従来は顧客が負担していた事故状況の確認、事故原因の調査といった手順を、デジタル技術によって効率化し、迅速な事故解決を目指すという。

 ジェネクストは、広角で撮影されたゆがみのあるドライブレコーダー映像からでも、正確な速度、相対的な距離、位置情報を分析できる特許技術を保有している。この分析技術と、映像における車両挙動・道路形態を認識し判定するAI技術を組み合わせることで、衝突時の映像から事故にいたる双方の車両の動きや道路状況などの情報を正確に読み取ることが可能になるという。そして、読み取った情報と損保ジャパン日本興亜が蓄積してきた事故に関する知見をもとに、確度の高い責任割合の判定を自動かつ迅速に行うとしている。