観光とは「國の光をみつけること」──ローカルの“新たな光”のみつけ方とは?

ゲスト:MATCHA 代表取締役 青木優さん、ON THE TRIP 代表取締役 成瀬勇輝さん

 本連載では、運用会社でアナリストとして働く栗岡大介さんが日本各地でスケール・ディープする人々、「スケール・ディーパー」と対話し、日本のこれからの可能性を探っていきます。
 今回ゲストとして迎えたのは、観光立国を目指す日本で新たな観光のかたちを提案する二人の起業家、株式会社ON THE TRIP代表取締役の成瀬勇輝さんと、株式会社MATCHA代表取締役の青木優さんです。栗岡さんは二人を「旅の本来の魅力を再考する起業家」と評価します。観光という切り口で日本の未来の可能性を探索し続けるお二人との対話の一部を紹介します。

[公開日]

[語り手] 青木 優 成瀬 勇輝 栗岡 大介 [取材・構成] 大酒 丈典 [写] 長谷川 梓 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] スタートアップ 観光 ツーリズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅の本来の魅力を再考する起業家、青木優と成瀬勇輝

栗岡大介さん(レオス・キャピタルワークス株式会社 運用部 シニア・アナリスト、敬称略):お二人とよく話すようになったのは、浅草の銭湯でしたね。最近多くの起業家が交流を深める場にしているという。サウナで汗を流しながら、日本の観光業について語るお二人のお話が非常に面白かったので、あらためてじっくりと対話したいと思っていました。サウナの熱気の中ではゆっくり話せなかったことも、今日はとことん聞きます(笑)。まずはお二人がどんな活動をしているのか、自己紹介をお願いします。

青木優さん(株式会社MATCHA代表取締役、以下、敬称略):訪日外国人観光客向けウェブメディア「MATCHA」を2014年から運営しています。10か国語に対応し、食や観光地、イベントなど日本の魅力を伝える記事を発信しています。1ヶ月300万人のユーザーが見る、国内最大級の訪日メディアに育ちました。言語には「やさしい日本語」があります。

 ユーザーの期待を超える体験を作ることを意識しています。最近だと企業や自治体、省庁と連携して、訪日客に情報を発信をする取り組みも増えてきました。

MATCHA外国人向けの日本旅行情報ウェブメディア「MATCHA

成瀬勇輝さん(株式会社ON THE TRIP代表取締役、以下、敬称略):美術館の入り口でレンタルできるオーディオガイドがありますよね? シンプルに言えば、あれをスマホで体験できるアプリON THE TRIPを作っています。日本各地の美術館やお寺、神社などの文化財と提携して、その場で体験するガイドで、海外の人も使えるよう日本語以外に英語、簡体字、繁体字で提供しています。その場所の物語を知るのと知らないとでは同じ世界でも見え方がガラッと変わる。僕たちは物語の力を通して旅人の感受性を揺り動かし、旅の体験を膨らませていきたいと思います。

タイトルトラベルガイドアプリ「ON THE TRIP

バックナンバー