BPM、AR技術を活用した建物メンテナンス履歴管理アプリ『Qosmos AR』を開発

 SaaS型建物メンテナンスERP開発を行うBPMは、AR技術を活用した建物メンテナンス履歴管理アプリ「Qosmos AR」(iOS版)の開発を発表した。建設・不動産業界におけるデジタルツインの活用を推進していくという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AR SaaS デジタルツイン

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BPMが開発した「Qosmos AR」は、建物メンテナンス業務において、施工現場に関する写真や情報を三次元(3D)データとともに記録・保存することができるという。建設・不動産業者は、3Dデータを閲覧することで、現地に行かなくても空間情報を把握することができ、建物内の設備情報や修繕履歴などを管理することが可能となる。

 「Qosmos AR」は、AR技術を用いて座標を認識し、建物内の空間情報を忠実にデジタルデータで再現することができる。その上で、メンテナンス業務の都度、 修繕履歴を更新し、建物の実物の変化に伴って情報が更新され続けるデジタルモデルを構築するという。サイバー空間に蓄積された建物に関するデータは、メンテナンス業務の効率化などに活用することができるとしている。