トリップアドバイザー、訪日客の動向を調査した「インバウンドレポート2019」を発表

 トリップアドバイザーは、トリップアドバイザーのデータや利用者へのアンケートをもとに訪日客の動向を調査した「インバウンドレポート2019」を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 社会・公共 企業戦略 インバウンド 観光業

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリップアドバイザーのサイトやアプリには、毎月4億9000万人の訪問者がおり、世界49の国と地域、28言語でサービスが展開されているという。発表したレポートでは、幾つかの章に分けて様々な角度から訪日客の動向や意識、満足している点、アプローチの手段などをまとめたとしている。

【レポートハイライト】

世界で利用されているトリップアドバイザー

  • トリップアドバイザーで日本の情報へのアクセス数は増加。2013年からの年平均増加率は24%
  • 対前年のアクセス増加率では、インド、イタリア、ニュージーランドが上位になり、近隣アジア以外の国と地域で日本に対する関心が高まっている傾向

口コミデータから読み解く、訪日客の特徴(口コミ情報をもとに分析した外国人に人気の施設ランキング)

  • ホテル:オールインクルーシブとアパート型ホテルが人気
  • レストラン:初登場が約半数を占める中、肉料理を提供する店が人気
  • 観光スポット:寺社仏閣が半数を占めたほか、隠れ家的なスポットもランクイン
  • 体験・ツアー:その土地を知るシティツアーが人気で、北米からの投稿が60%を超える

VOICE - 世界のトリップアドバイザーユーザーに聞く、観光地としての日本

  • 世界の9つの国と地域でトリップアドバイザーユーザー2万人にアンケートを実施。アジアと欧米豪では訪日旅行でやりたいことに違い

ツアー・体験について

  • 世界でのトレンドは、ワークショップやクラス、家族向けのアクティビティ、健康/ウェルネス体験
  • 日本では、文化&テーマ別ツアーでの予約購入率が132%増加

 同レポートの制作を担当した、トリップアドバイザーのシニアリサーチマネジャーの櫻井泰斗氏は次のように語った。

この度のレポートでは、トリップアドバイザーのデータやリサーチから見る様々な傾向を訪日客の国や地域別に分析しています。マーケットによって訪日旅行に期待するものは異なるため、ターゲットのニーズを理解した上でアプローチすることが大切と思われます。本レポートが少しでも日本における今後のインバウンド観光産業の発展のためのヒントになれば幸いです

【INDEX:「インバウンドレポート2019」】

第1章:はじめに
第2章:世界で利用されているトリップアドバイザー
第3章:口コミデータから読み解く、訪日客の特徴
第4章:VOICE – 世界のトリップアドバイザーユーザーに聞く、観光地としての日本
第5章:ツアー・体験について
第6章:トリップアドバイザーの活用