KDDI、法人向け「映像×5G」ソリューションの提供開始 デジタルトランスフォーメーションを加速支援

 KDDIは、さまざまな産業や企業が抱える課題の解決および、ビジネスの高度化に向け、第5世代移動通信システム (以下 「5G」) と高精細動画像、AIを組み合わせた法人向け5G対応ソリューションを2020年3月より、順次提供を開始することを発表した。なお、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を通じた5Gトライアル環境の提供を2019年11月より開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] IoT AI・機械学習 事業開発 5G

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回提供を開始予定のサービスは、「5G」の特長である大容量・低遅延を活かし、高精細動画像の伝送とAIの組み合わせにより、AIの検知精度が向上するほか、従来、固定回線やオンプレミス環境で構築されていたシステムが効率化され、導入・運用コストが大幅に低減されるという。これにより、法人ユーザーは導入から運用までトータルコストの圧縮や一時的な現場での利用など、環境に依存することなくビジネスの早期展開が可能となるとしている。

5G対応ソリューションの概要

AIカメラ

タイトル

 5Gを利用することで、大容量かつ高精細な映像のアップロードが可能となり、画質向上による認識精度が大幅に向上。マーケティングや店舗設計への活用が可能。

 ローカル環境にサーバー設置が必要となるシステム構成と比較して、クラウド環境にサーバーを設置することにより、スペースや配線の課題に悩むことなく運用が可能なソリューション。

ユースケース

  • 小売業界、飲食業界、鉄道業界、航空業界

提供価格

  • クラウドサーバー利用料: 40,000円/月・台から
  • カメラ台数単位: 16,000円/月・台から

Intelligent Display

タイトル

 ローカル環境に設置していたサーバーをクラウド環境に移行することにより、コンテンツの即時更新や導入コスト削減など業務効率化が可能。また、属性解析を行うことで、One to Oneマーケティングが可能。

ユースケース

  • 商業施設 (女性用、男性用)

提供価格

  • 49,000円/月・台から

3Dホログラム

タイトル

 専用ディスプレイに加えて、センサー連携によるインタラクティブなコンテンツ生成の実現、3DCGコンテンツの制作などワンストップで提供。

 遅延が少ない操作性と触感も加えた新しい「Natural User Interface」により、新たな訴求方法やコンテンツの利用が可能。

 ローカル環境に設置していたサーバーをクラウド環境に移行することにより、筐体のダウンサイジングが可能。

ユースケース

  • 小売業界、教育関連、美術館、博物館、企業受付

提供価格

  • 77,000円/月・台から