アビームコンサルティング、Vymo(バイモ)と協業を開始

 アビームコンサルティングは、本社を米国ニューヨークに置くVymo,Inc.(以下、Vymo)と協業を開始した。アビームコンサルティングが日本・アジアを中心に多くの金融業界の顧客向けに提供してきたコンサルティングノウハウと、Vymoの人工知能(AI)を活用した営業支援アプリケーションを組み合わせることで、企業のさらなるデジタル化と営業活動の高度化を支援する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アビームコンサルティングは、金融業界に対しコンサルティングサービスを提供してきた経験と、デジタルテクノロジーに関する知見、グローバルネットワークを生かし、経営戦略の立案から実行まで一貫したサービスを提供してきた。また、近年はデジタルテクノロジーに強みを持つ国内外のスタートアップ企業と大企業との取り組みを支援し、企業の新たな価値創出や業務の高度化を支援している。

 Vymoの営業支援アプリケーションは、人工知能(AI)を活用し効率的な営業活動を支援する様々な機能を搭載している。GPSの位置情報の活用による最適な営業ルートの提案などを行うとともに、一元管理された営業活動および顧客情報を活用することで、営業活動の効率化や生産性の向上を支援する。

 今回の協業により、双方が有する技術や知見・経験を組み合わせることで、顧客が目指す方向性や営業戦略のあるべき姿をベースに、営業活動のさらなる生産性向上や新たな価値の創出に向けた提案ならびに支援をより効果的に行いうという。

 この協業の第一弾として、住友生命保険が取り組む営業支援アプリケーションを活用した営業活動の効率化・生産性向上を支援した。これは、Vymoのインテリジェンス地図機能を活用しPoCを推進した日本初の事例だという。