Biz/Zineニュース

アーキタイプ、企業間レンタル移籍プラットフォーム「ローンディール」と事業開発人材育成・活用で提携

 アーキタイプは、企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を運営するローンディールと、事業開発人材育成・活用の分野で連携を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 人材教育 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」の提供する「レンタル移籍」とは、研修・出向等の企業間契約に基づいて、人材が元の企業に在籍したまま期間を定めて他社で働く仕組みを指す。昨今、主な活用先として、イノベーション人材・次世代リーダー育成に取り組む大企業から、事業開発力を強化したいベンチャー企業へのレンタル移籍が活発化している。

 アーキタイプは、大企業の社員と並走しながら新しい事業を作る「アーキタイプ・コーポレートスタートアップ・プログラム」を提供している。与えられた業務ではなく、社員自身が主体となって本気で事業を作る経験を通して、事業開発のマインドセットやノウハウを定着化させ、企業内にチャレンジングな事業が連続的に生まれる社会を目指す。

 今回の提携で、両社は「LoanDEAL」を活用してレンタル移籍した人材が「アーキタイプ・コーポレートスタートアップ・プログラム」に参加するスキームを構築。これにより、レンタル移籍によって得たインプットを、自社の事業としてアウトプットすることができるようになり、企業にとっては事業開発における人材育成と活用がスムーズに実現できるようになるという。